川添千絵

ヘッドセラピスト 川添千絵

バークバスターズとの出会いは、1998年のシドニーでした。私は根っからの犬好きで、オーストラリアでは借家で「ペット可」の物件が日本ほどないので、その理由だけで家まで買う始末でした。犬は買ったものの、散歩のときはジグザグに歩く、飛びつく、と自分でもどうしてよいかわかりませんでした。その時にバークバスターズに連絡をして早速来てもらうことにしました。トレーニングは順調に進み、私も犬も「ハッピー」になりました。しかしそれだけではなく、「なんてすばらしい仕事なんだろう。私もこういう仕事がいつかしてみたいなあ。」と漠然と思い始めていました。

そうこうしている内に、娘がそろそろおしゃべりをする時期になって、日本に帰って娘にも日本の言葉や文化を身につけさせよう、と帰国を考え始めました。日本に帰って私自身が何をしたいかを考えた時、私が好きでやりがいのある仕事をしようと思い、回りを見渡した時、犬関係の仕事だったら「バークバスターズしかない!」と結論がすぐに出たのです。早速バークバスターズの創設者であるダニー・ウイルソンに連絡をして、それからは私の生活がバークバスターズ一色になりました。何ヶ月にわたるトレーニングを直接ダニーとシルビアから受け、実際のレッスンでも何百匹のワンちゃん相手に行いました。

日本とオーストラリアを比べて、ワンちゃんが住んでいる環境の違いはありますが、ワンちゃん自身の違いは全くありませんでした。飼い主の方とお電話で話をしていても、涙をこらえて話される方がかなりいらっしゃいます。「これが最後のチャンスです。これでうまくいかなければ、ワンちゃんを保健所に連れて行かなければいけません。」とおっしゃる方も多いのです。実際にレッスンに伺って、「良かった!」と涙を流された方もいらっしゃいます。犬好きの私にとっては、こんなにやりがいのある仕事にめぐり会えたことを、本当にうれしく思います。これからも、いろいろなワンちゃんにめぐり会うことを楽しみに、この仕事を続けていきます。

川添千絵さんのお客様からのコメント